趣味バンドマンの何でもブログ

趣味でバンドマンやっている私が役立ち情報や話題の話、日々の活動を語るブログです

スマホで良い音質で曲を聞くならどこを確認するべき?

f:id:take5maroon5:20190816220630p:plain



スマホで音楽を聴く方が増えてきています。

 

便利さはもちろんですが、近年の音楽配信ストリーミングサービスの便利さとスマホの高品質化も後押ししての結果でしょう。

 

そんなスマホで音楽を聴く機会が多い方にとっては、スマホから再生された時の音の高音質化は欲しいところではないでしょうか?

 

そこで今回は、曲の高品質で再生できるスマホ選びの時に抑えておきたい事についてまとめてみたいと思います。

 

スマホのCPUは大切です

 

スマホのCPUといわれてもピンと来ない方が多いと思いますので解説します。

 

スマホのCPUに該当するのはSnapdragonExynosKirinと記載されているものです。

 

こちらのCPUはスマホ独自のCPUとなっているため、最初は混乱するかもしれませんが、基本は新しいものであればあるほど性能が良いと考えれば問題ありません。

 

特にスマホの場合は、このCPUにサウンド性能が含まれている形になっているため、気をつけておかないといけない点の一つになっています。

 

今主流になっているSnapdragonですので、基本再生される音は「Snapdragonの音」になりますので、最悪、Snapdragonだけしっかり把握しておけば大丈夫です。

 

DACは絶対に外せない

 

このDACは音楽再生機能に大きく関わってくる音楽再生用のCPUチップの事です。

 

このDACは、再生される音のひずみやノイズを軽減させる効果があり、音の高品質化を求めるのなら必要不可欠となります。

 

たとえ最新型のSnapdragonを搭載していたとしても、これはSnapdragonが最高品質になっているだけに過ぎず、最高に近い状態の一歩手前の音を再生していると認識していただけるとわかりやすいと思います。

 

言い方を変えると、少しCPUが古くてもかまわないから、DAC搭載のスマホを選べば失敗しないということです。

 

 

容量の大きいSDカードを選ぼう

 

スマホで高品質の音源を聞くとなると、拡張子がWAVEの物が多くなったりしがちになります。

 

WAVEの拡張子の音源は高音質な再生ができますが、容量が大きいファイルばかりでスマホの内蔵では数十GBありますが、日頃使うようなアプリやキャッシュなどで実際は使える容量はもっと減ります。

 

そこで、数百GBはあるSDカードを曲の保存先に登録しておけば、そのような心配も軽減されます。

 

MP3の音源では満足できないという方には特におすすめです。

 

できたらハイレゾ対応のスマホを

 

ハイレゾとはCD音源を上回る情報量をもった音源ファイルのことです。

 

通常CD音源は「16bit/44.1kHz」であるのに対し、ハイレゾ音源は「24bit/96kHz」であることが多く、高度な情報が詰まった音源ファイルといっても過言ではありません。

 

この音源はDAC搭載の上、ハイレゾ対応とはっきり記載していないものでないとハイレゾでの再生ができません

 

また、ハイレゾ対応専用のイヤホンも別途で販売しているため、こちらも用意する必要があります。

 

また、ハイレゾ対応の音源自体もスマホでしか販売されておらず、通常の音源より高いものばかりです。

 

さすがにここまでお金を出せる人も多くはないと思いますので、こちらはお財布としながらどこまでなら出せるかを考えていくのが良いと思います。

 

まとめ

 

スマホで音質を重視したい方は、必ずDAC搭載のスマホを選べば基本間違いはありません。

 

さらに高音質な音質を求める方はハイレゾ対応のDAC搭載のスマホを、そして専用のイヤホンを用意して下さい。

 

ここまでいくと必要な予算も大分あがってきますので注意して下さい。

 

ここまでよんでいただきありがとうございます。

 

次回もよろしくお願いいたします。