趣味バンドマンの何でもブログ

趣味でバンドマンやっている私が役立ち情報や話題の話、日々の活動を語るブログです

老舗ブランド「ブルックス ブラザーズ」が経営破綻!?コロナ禍か?

f:id:take5maroon5:20200709222744j:plain

コロナ禍で有名なお店やサービス業者が経営破綻を迎えたり、倒産をしていますね。

 

私の会社はそういう動き景気には左右されにくい会社ですので、問題はないのですが、私の身の回りの友人の中には、仕事を失ったという話はチラホラ聞こえています。

 

そんな中、老舗ブランドのブランドメーカーが経営破綻したというニュースが飛び込んできました。

 

詳細を見ていきたいと思います。

 

ブルックス ブラザーズ経営破綻

 

以下、引用です。

 

アメリカの老舗衣料品ブランド「ブルックス ブラザーズ」は8日、日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を裁判所に申請しました。

アメリカで最も古い衣料品ブランドで、世界で約500店舗を展開しています。

主力のビジネススーツの売り上げ低迷に加え、新型コロナウイルスの影響で全米約50店舗を閉店するなど苦戦が続いていました。

一方、日本国内で約80店舗を展開する「ブルックス ブラザーズジャパン」はアメリカ本社と経営は別だとして、国内店舗に営業中止などの影響はないとしています。

また、野球日本代表「侍ジャパン」の公式パートナーも継続する方針です。 

 

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BZIZrh6iC3k

 

 

やはりコロナ禍でアメリカの店舗を50店舗も閉じるなど、売り上げが下がり、苦戦が続いていたのが原因となっていました。

 

ブルックスブラザーズの服はもう買えない?

 

結論から言いますと、買えます!

 

ブルックスブラザーズは経営を日本と本国のアメリカで分けており、アメリカ本社の方では経営が別となっているため、日本のブルックスブラザーズでは、購入が可能となっています。

 

その証拠に2020年9月4日に「ブルックスブラザーズ表参道」がオープンします。

 

そのため、ブルックスブラザーズを愛用している方はもう二度と手に入らないということを心配する理由はありません。

 

ブルックスブラザーズを愛用していた有名人は?

 

ブルックスブラザーズは創業1818年で200年近い歴史を持つ老舗中の老舗

 

特に男性用のスーツが非常に評判が高く、このスーツを愛用した有名人が多数います。

 

何人か紹介します。

 

ジョン・F・ケネディ元大統領

 

アメリカ歴代大統領は、ブランドのアイテムをなにかしら愛用していました。

 

その中でもジョン・F・ケネディ元大統領は特に愛用していたといわれています。

 

ブルックスブラザーズはジョン・F・ケネディが愛用した事を受け、ケネディ大統領のスタイルを参考にして、「フィッツジェラルド」と呼ばれる新しいスーツラインナップを作成しました。

 

こちらのラインナップは現在でも非常に根強い人気を有しており、ファンも多数おります。

 

エイブラハム・リンカーン

 

リンカーン大統領は1865年、ブルックスブラザーズにスーツのオーダーメイドを依頼しました。

 

そのオーダーメイドスーツは2度目の就任式のためだけに注文しており、いかにリンカーン大統領がブルックスブラザーズを気に入っていたか、大変よくわかります。

 

この上着には非常に特徴的なデザインがあり、鷹と「ひとつの国、ひとつの革命」という銘が刺繍されていました。

 

2度目の就任式後もリンカーン大統領はこのコートを愛用しており、フォード劇場へ行った際にも着用していたそうです。

 

ブルックスブラザーズの服はどこで購入できる?

 

アメリカ国内での販売状況はさすがに調べきれませんでしたが、日本では公式サイトでの購入ができます。

 

Brooks Brothers Japan Official Website(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

 

こちらのサイトで会員登録をすすめていただければ、サイト内でポイントを利用してお買い物がお得にできます。

 

AMAZONや楽天のポイントを貯めたいからそちらで購入したいとお考えの方も特に問題ありません。

 

AMAZONや楽天での購入もできることが確認とれました!

 

AMAZONだと

 

f:id:take5maroon5:20200710001311p:plain

 

こちらはAMAZONのブルックス ブラザーズの特設ページとなっています。

www.amazon.co.jp

 

上記のアイコンから特設ページに飛ぶことができます。

 

男性ものの服から女性ものの服、さらに今の季節にあった服の専用サイトもあって、買い物が便利です。

 

楽天だと

 

f:id:take5maroon5:20200710002647p:plain

 

楽天でも商品の取り扱いがPRという形で取り扱われています。

 

ただサイトの特徴なのか、仕様なのか、特設ページはなく、商品も良くみると古着のほうが多くなっています。

 

楽天でも購入は可能ですが、欲しいものをきっちりと決めた上で検索しないとおそらく、欲しいものはなかなか見つからないと思われます。

 

今後、アメリカ本社はどうなる?

 

今回適用された法律を確認してみましょう。

 

こちらの連邦破産法第11条を引用します。

 

米国における代表的な再建型の倒産法制。


日本の民事再生法に相当します。

 

「チャプターイレブン」「チャプター11」ともいいます。

 

申請後に裁判所の命令で債権の取り立てが停止され、経営陣は債権者と負債の整理や契約の見直しを協議しながら、原則120日以内に再建計画を策定。

 

裁判所の認可を得て、経営の立て直しを目指します。

 

清算型の手続きと異なり、事業継続が前提です。

 

債権者の合意により短期間での再建が可能で、雇用への影響も抑えられます。事前に支援企業を選ぶ場合もありますが、手続きを進めながら支援先を探すこともあります。

 

引用元:http://ur0.work/avto

 

こちらの法律をしっかり読んでいきますと、倒産というよりは経営の立て直しを図るための法律です。

 

そのため、経営の立て直しが完了しましたら、ブルックス ブラザーズの新商品やお気に入りの服をまた購入できるようになる可能性があります。

 

私たちにできる事はある?

 

現在の所ありません。

 

ですが、経営の立て直しを図る際には必ず、また商品を発売します。

 

その時には以前の失敗を反省して、もっと良い商品ができているかもしれません。

 

若者のニーズに応えたすごくデザイン性の良い服がでてくるかもしれません。

 

その時、このブランドが好きだから支えたいとお考えでしたら、是非とも気に入った商品を購入するのが、一番の支援だと思います。

 

まあ、悪いものには悪いというのも大切だと思いますが

 

ネット上の反応