趣味バンドマンの何でもブログ

趣味でバンドマンやっている私が役立ち情報や話題の話、日々の活動を語るブログです

20代が住み続けたい都道府県ランキングで福岡県が1位!?何故?

f:id:take5maroon5:20200629223605j:plain

みなさんはどこの都道府県にすみたいででしょうか?

 

私なら、香川県か三重県です。

 

昔から海の幸が好物なので海の幸がとりわけおいしく、かつうどんやお肉がおいしい所ときたら、そりゃあ、香川か三重県になるでしょう。

 

今回は20代の方にとって、福岡県が最も人気の県となったので、その理由を紹介していきたいと思います。

 

20代が住み続けたい都道府県とは?

 

ここでいう住み続けたいというのは、家賃や安いとか、都市部だからという理由ではなく、定住意欲度」になります。

 

この定住意欲度」とは、幸福度」および生活の「満足度」、社会や居住市に対しての持続性につながる指標である「愛着度」と「定住意欲度」の4項目のうちの1つで、簡単に言えば住み続けたいと思えるような県の事を指します。

 

 

 

この4項目がすべて高い所が一番住みやすい都市とされており、よく埼玉県の川越市が1位に輝いています。

 

関西では、三位に西宮市が入っています。

 

20代の定住意欲度のみ1位は福岡となったわけですが、2位は大阪、3位は北海道となっています。

 

そもそも低い県はどういう特徴があるの?

 

定住意欲度」が低い県の特徴としては、やはり住みにくさを感じていたり、周りに何もない所が多いとされています。

 

特にワーストであった宮崎県と青森県に至っては、低収入・低賃金に悩んでいる方が全体の半数いたり、「貯蓄・投資」「ストレス」「運動不足」の項目でも1/4の方が悩んでいました。

 

田舎の方ほど周りに何もないので、移動手段として車を使用するため、運動不足が悩みの種になりやすいため、この項目はなっとくですね。

 

一方で福岡県は?

 

日本有数の都市である博多を抱えており、土地や物価が比較的安く、観光名所やおいしいものが多数あるためです。

 

女性も博多美人とよばれるほど美人の女性が多いことも一因していることでしょう。

 

交通のインフラも飛行機から新幹線、電車もそろっており、交通の便にこまることはありません。

 

「貯蓄・投資」「ストレス」「運動不足」とは比較的無縁な地域となっていることが分かりやすいため、このランキングとなったのでしょう。

 

ちなみに私が住みたいと思った三重は20位、香川は25位で、私が住んでいる県より下でした。

 

・・・おいしいもの、特にないのに・・・

 

ネット上の反応