趣味バンドマンの何でもブログ

趣味でバンドマンやっている私が役立ち情報や話題の話、日々の活動を語るブログです

顔に白い何かが?乾燥肌の原因とケアを紹介!

f:id:take5maroon5:20200728000428j:plain

乾燥している日は、肌に何やら白くふいたものが付いていませんか?

 

肌が乾燥していると、乾燥している肌に白く点在するものがみえます。

 

この状態で痒みを感じたから肌を掻くなんてしたら、悲惨なことになります。

 

今回は乾燥肌について紹介していきたいと思います。

 

乾燥肌の原因は洗顔剤?

 

結論から申しますと、洗顔が原因で乾燥肌になる事はありません。

 

ただ、洗顔の方法が悪いがために乾燥肌が悪化することは多いにあるため、この点は要注意ですね。

 

まず、乾燥肌になる原因は外的要因が原因であることが多いので、その原因を紹介していきたいと思います。

 

原因1:紫外線対策をしていない

 

まず、男性は女性以上に肌の水分が少ないのにも関わらず、紫外線の対策をほとんどしません

 

紫外線というのは肌に最も悪影響を及ぼすもので、特に角質と皮脂膜に悪影響を及ぼします。

 

この角質と皮脂膜が紫外線にさらされることで皮膚のバリア機能が低下していき、肌のトラブルを引き起こすメラニンや色素沈着、ニキビ、シミができやすくなり、肌の水分が足りなくなります。

 

その結果、肌の水分量が足りなくなっていき、乾燥肌になっていきます。

 

特に肌の老化の原因にもつながる紫外線A波(UVA)と紫外線B波によって美容成分ともいわれているコラーゲンがどんどん破壊されていくため、シミやたるみが引き起こされていきます。

 

紫外線は肌に良い点が全くありませんので、しっかりと対策しましょう。

 

 

原因2:髭そり

 

男性にとって、髭剃りは毎日欠かせない習慣ですね。

 

この髭剃りなのですが、カミソリの刃を肌表面に当てて肌表面の角質を傷つけてしまいます。

 

一時であるならそこまで深刻な事態にはなりませんが、毎日行うと嫌でも肌は荒れていきます。

 

その結果、肌のバリア機能は低下し、水分が維持できなくなります。

 

こうなっていくと肌が乾燥していき、ひどいときは肌の炎症が起きてしまったりしてしまいます。

 

そのため、日頃から肌を守るためにシェービングクリームをつけるようにしたり、ひげそりの刃を定期的に交換していくようにしませんと、なかなか肌は改善できません。

 

原因3:肌を掻く、ゴシゴシする

 

こちらの記事でも肌をゴシゴシすることはよくないと紹介しました。

 

www.seekcalling.com

 

脂性肌の方は顔のべたつきが悪化していきますが、実は乾燥肌の方の場合は脂性分すら出さなくなります

 

また、肌が乾燥することで起きる痒みに耐えかねて肌を掻くのも同じ悪影響が発生します。

 

そのため、肌の乾燥を防ぐために肌をゴシゴシ念入りに洗うといった行為は完全に逆効果であるため、今後はやらないようにすることが大事になってきますね。

 

原因4:季節

 

乾燥肌は通年発生します。

 

ですが、その季節毎にあった対策が必要不可欠となっていきます。

 

たとえば、気温が低下して乾燥しやすくなる秋・冬は暖房をつけて部屋自体も非常に乾燥しやすくなるため、保湿が極めて重要となっていきます。

 

さらに、気温が低いと皮脂の分泌量も減少していくためテカりが減る分、余計に乾燥しやすくなります。

 

また、逆に熱くて汗がでるから問題ないと考えている方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

 

夏は皮脂や汗も大量に分泌されているため、いつも以上に肌の水分が不足しがちです。

 

この肌の水分が足りなくなると、以下のような肌トラブルが発生しやすくなります。

 

  • 皮脂でベタつきやテカリがあるのに、お肌がつっぱる
  • 毛穴の黒ずみ、開きが目立つ
  • 乾燥肌なのに、ニキビが出やすい
  • 吹き出物ができやすい

この状態は脂性肌の時の症状とにている事もあり、間違えて脂性肌向けのケアをすると余計悪化する可能性があります。

 

乾燥肌になったらどうすれば良い?

 

季節や気温でも乾燥肌になることがわかりましたら、次はどうやって対処すれば良いか紹介していきます。

 

ケア1:食事

 

乾燥肌は食生活が原因で肌は荒れる可能性もあります。

 

また、肌に良い食べ物を食べる事で代謝がよくなり、乾燥肌の改善にもつながっていきます。

 

特にこちらの食べ物がオススメとなります。

 

  • アボガド
  •  アーモンド
  • たまご
  • 納豆

 

これらの食べ物は豊富にビタミンを豊富に含んでおります。

 

こちらのオススメで紹介していなくても、ビタミンが入った食べ物は多く存在しますので、ビタミンが入った食事をとることをオススメします。

 

2:加湿

 

空気が乾燥していると肌が乾燥しやすくなります。

 

これを回避するためには、加湿器を使って部屋の湿度を適正な湿度(大体40~60%)を維持していきましょう。

 

3:優しく洗顔

 

乾燥肌が気になって肌をゴシゴシしたり、気になる所を念入りに洗っても必要な皮脂が落ちてしまします。

 

また、暑めの40℃前後のお湯も、顔の皮脂を余計に落としてしまい、結果的に余計悪化させる結果となります。

 

そのため、30℃前後の温いお湯で指の腹の部分で優しく顔を洗顔することが必要な洗顔となってきます。

 

これは脂性肌の方でも同じですので、もし肌が乾燥肌なのかわからなくても優しく洗えばよい事だけ覚えておけば何も問題ありません。

 

4:保湿

 

こちらも脂性肌の方でも同じことが言えます。

 

乾燥肌の方は肌の水分が不足しがちです。

 

にも関わらず、洗顔した後にさっぱりしてもやはり顔の水分が足りないままですので乾燥肌は全然解消されません、

 

そのため、洗顔後に保湿クリーム、特に乳液と呼ばれるものを顔に塗ることが重要となってきます。

 

どんな洗顔料を選べばよい?

 

乾燥肌の方は肌の水分が不足していることもあり、刺激が強い洗顔料を使用すると必要なものまで洗い落としてしまいます。

 

そのため、洗顔料は低刺激なものを選び、徹底して保湿成分が多く入っている洗顔料を使用してください。

 

特にコーンオイルやスクワラン、セラミドといった成分は、人の肌が本来持っている肌や皮脂膜に近い成分がはいっているため、非常に刺激が低く、保湿機能も多く入っています。

 

乾燥肌の人に効く洗顔方法は?

 

まず顔をぬるま湯で濡らします。

 

これは顔に不必要な皮脂を浮かび上がられ、軽い力でも皮脂を落とせるようにするためです。

 

ある程度濡れたとみなしたら、次は洗顔剤を付けていきます。

 

大体の洗顔量が10円玉よりちょっと多い程度に手に取れば問題ありません。

 

手に取ったら手の中で広げていき泡を大量にたてます。

 

泡が出ないタイプの物でも極力手の中で広げていきましょう。

 

それから皮膚が薄い顔のTゾーンから順番に優しく指の腹で塗っていくようにしましょう。

 

あまりしつこくやると逆効果になるので注意です。

 

その後、ぬるいお湯で顔を洗い終わったら、乳液を顔に塗っておしまいです。

 

乾燥肌の人向けの乳液の塗り方は?

 

実は脂性肌の方ともそこまで方法はかわりません。

 

洗顔が終わったら、早めに保湿をする。これは脂性肌の方と大してかわりありません。

 

手のひらに乳液を採ったら指の腹の部分を使かって、極力こすらずにクルクルとまわすようになじませていきます。

 

その後、洗いとさずにそれで終了です。

 

乾燥肌の方向けの洗顔剤は?

 

男性は特に肌の水分がすくないといわれています。

 

そのため、洗顔剤より保湿クリームにかなり良いものを選ぶと良いでしょう。

 

そこで今回は、保湿効果が極めて高く、肌のバリア機能もしっかり回復させてくれる保湿クリームを選びました。

 

クラウンセルクリームです

通常

 

 こちらは乾燥肌で良く起こりがちなトラブルを解消するためにできた洗顔剤です。

 

保湿成分の一つであるセラミドが大量に入っており、肌の水分を保ち、肌のバリア機能を回復させてくれます。

 

特にこの保湿力が極めてすごく、使用してから丸1日肌が潤っていて感激したという口コミもあります。

 

またこのクラウンセルクリームですが、乾燥肌の人だけでなく敏感肌の方やアトピー、手荒れにも利用できるため、使いまわしがしやすくなっています。

 

初回1300円で全額保証付きでお試しできますので、是非ともお試ししてください。

 

まとめ

 

乾燥肌の方と脂性肌の方とでは、ケアの仕方が同じ所が何点かありましたが、一緒で良いかぁと考えてケアすると悪化する可能性があります。

 

そのため、自分の肌が一体どういうタイプなのか必ず知ってから、ケアをはじめてくださいね。

 

ちなみに判別方法は、私のブログで紹介しておりますので、こちらも是非参照してください。

 

 

www.seekcalling.com

 

次回もよろしくお願いいたします。