趣味バンドマンの何でもブログ

趣味でバンドマンやっている私が役立ち情報や話題の話、日々の活動を語るブログです

“隔離義務”無視で逮捕!?日本人男性逮捕これは合法か?

f:id:take5maroon5:20200715220328j:plain

世界中では、いまだにコロナが猛威を振るっています。

 

そういう背景もあってか、日本でも入国するものには独自の対応をしています。

 

他の国でも同じような対応を無視したら、こんなことになっちゃいます。

 

今回は、そんな事例を紹介したいと思います。

 

“隔離義務”無視で逮捕!?

 

以下、引用です。

 

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための隔離措置を無視したとして、韓国の裁判所は日本人に有罪判決を言い渡しました。  

韓国・ソウルの地方裁判所。15日午前、日本人の男に異例の判決が下されました。

 

執行猶予が付いたものの、懲役6カ月の有罪に。

 

問われた罪は新型コロナにまつわるものでした。その身に何が・・・。  

 

男性は23歳。日本から「就労ビザ」を使って韓国の金浦(キンポ)空港に降り立ちました。

 

これが4月2日。韓国ではこの時すでに宗教施設での集団感染などが発生。

 

感染者は1万人に迫っていました。そんななか、4月からルールを厳格化。日本人の男に対して15日まで自主隔離をするよう求めたのです。

 

しかし、男はこれを無視。勝手に外出してしまったといいます。

 

外出は合わせて8回に上ったといいます。警察はクレジットカードの使用履歴などから行動を特定。

 

「感染症予防法」に違反した疑いで逮捕したのです。  

 

こうして始まった裁判。現地メディアによりますと、男は入国の際に韓国語で説明を受けたと主張。

 

隔離の意味が分からなかったと主張していますが、裁判所はこれを責任を免れる理由にはならないと一蹴しました。

 

韓国の検察は同様な事件で300人以上を起訴しました。

 

ただ、外国人で有罪になったのは今回が初めて。

 

男は「陰性」でしたが、許される行為ではありません。  

 

韓国の新規感染者は「海外からのもの」が多く、「市中感染」を上回る日もあります。取り締まり強化の背景にはこうした状況を改善する狙いもありそうです。コロナによる韓国での死者は現在289人。日本の3分の1以下です。

 

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=_cZVgJxDl2s 

 

韓国ではどのような対応をしていた?

 

韓国では、中央災難対策本部が4月1日より海外からの入国者の制限を行っていました。

 

4月1日より、韓国に入国するかたは人種問わず、自宅または施設に隔離されます。

 

また、今まで隔離はせずに保健所で様子をみていた方も原則、自宅または国が用意した施設にて隔離となってしまいました。

 

韓国人の施設の利用は国籍問わず自己負担、外国人は検査費用や利用費などは国が負担しますが、生活費の支給はありません。

 

これに違反したものは、検疫法および感染症予防法違反によって1年以下の懲役、または約89万円のばっきんが科せられます。

 

今回は就労目的できた日本人男性(23歳)は、これらを破ってしまったことが原因で逮捕されたわけですね。

 

他の国でも同じことをやっている?

 

他の国でも、同じような措置はとっています。

 

実際に、タイ国で同じような事をやった韓国人のかたも、現地にて逮捕されてしまいました。

 

今韓国入国は大丈夫?

現在、韓国では入国に関して制限をかけています。

 

全世界で在外韓国公館で発給された短期査証の効力が停止されており、査証免除・無査証入国はできない状態にあります。

 

どうしても韓国に仕事の商談などで入国する必要がある際は、査証の申請をし、医療機関が発行した診断書(診断を受けてから48時間以内のもの)が必須となり、必ずコロナウイルス感染に関する症状がない事が条件となっています。

 

また、査証当日でも診断書と健康状態の問診も受けないといけないため、非常に手間がかかります。

 

まあまず、観光に行きたいがためにここまで用意することはないでしょう・・・。

 

一応韓国国内でもコロナ診断は受けることができます

 

ここ最近、韓国国内でも無料で外国人でもコロナ診断できるようになっているそうです。

 

最近でしたら、ソウル市内で平日祝日問わず、受けることができるようになっています。

 

一応匿名で受診できますが、連絡先を教えないと匿名対応してくれないため、注意しないといけませんね。

 

ネット上の反応