趣味バンドマンの何でもブログ

趣味でバンドマンやっている私が役立ち情報や話題の話、日々の活動を語るブログです

あなたのマスクは大丈夫?夏場のマスクの注意点!

f:id:take5maroon5:20200624230727j:plain

コロナ騒動で未だにマスクが必要となっています。

 

どんどん熱くなってくるこの時期にマスクは本当につらいですね。

 

この時期のマスクは使用する際には、計画的に利用しないと熱中症で逆に体調を崩すことになります。

 

今回は、熱中症をいかに回避するかを紹介していきたいと思います。

 

1:熱中症

 

熱中症はマスクを使用しているなら容易に予想できるのではないでしょうか?

 

夏になると気温が高くなり体内に熱がこもりやすくなります。

 

そうなると体温を冷やそうと汗をかいたり呼吸をして冷えた空気を取り入れようとします。

 

ですが、マスクで熱が外に放出する効率が悪くなり、呼吸を使用にも熱がこもりやすくなります

 

また、マスクの中で呼吸をすると、口の中が唾や汗で加湿されるため、熱中症に気づくのが遅くなります

 

黒マスクは特に要注意!

普通の白がすべての光を反射させるのと対照的に、たまに町で見かける黒マスクは太陽光の吸収性が極めて高くなっています。

 

そのため、通常のマスクより熱中症になる可能性が高くなります。

 

また、汗も非常にかきやすくなるため、面温度の上昇により、不快感は間違いなく上がります。

 

できる事なら、白いマスクを使用するほうがオススメとなっていきます。

 

熱中症を防ぐには?

 

1:水分をしっかりとること

 

熱中症対策としては、定番中の定番ですが、非常に重要となってきます。

 

マスクをしていると、口の中が加湿されるためなかなか気づきにくくなります。

 

気が付いたら苦しくてめまいがする、これが非常によく症状となります。

 

仕事でなかなかゆっくり水分を飲むことができない方でも、極力ゆっくり飲むことが大切になります。

 

2:体温を冷やす事

 

熱中症は体の体温が上がりすぎて起こる症状でもあります。

 

そのため、適度に日陰に入る、冷房が効いた部屋である程度休むなどして体温を下げなければいけません。

 

また、使用しているマスクも人混みのすくない所で外してください。

 

確かにコロナは怖いかもしれませんが、熱中症は非常に怖い病気です。

 

しっかりと体温を冷やすようにして下さい。

 

対策アイテム

 

1:塩分補給

 

熱中症は汗がかかなくなります。

 

こうなると水分補給だけでは、回復しません。

 

特にマスクをしていると顔に熱がこもりやすいため、頭の水分が特に足らなくなります。

 

大量に汗をかくと、血液中の塩分・ミネラル濃度が不足していき、様々な熱中症の症状が出現します。

 

血液中の塩分・ミネラル濃度を補うために、塩分の補給が必要となってきます。

 

塩分が入ったタブレットやスポーツドリンク(OS-1)が特にオススメです。

 

2:体温調整グッズ

 

体温が上がるため、積極的に体温を下げるようにしないといけません。

 

特にマスクをしている顔の付近に、冷タオルで顔を拭くだけでも効果がでます。

 

また、近年は夏でも快適に過ごせる接触冷感マスクが発売されています。

 

こういったマスクを使用して、熱がこもりにくくしやすくなることも大切です。

 

 

 まとめ

 

夏になると、マスクの使用は考えて使わないと、あっという間に熱中症になってしまいます。

 

コロナ騒動では、やはりマスクは必須になるのでどうしてもつけないといけません。

 

ジレンマみたいな状況ですが、気を付けてください。

 

ネット上の反応